正看護師と准看護師の違い

看護師の二つの資格

看護師は医師の指示を受けて、看護や診療行為をサポートすることが仕事です。患者の体と心を救い、時には命の危機にも立ち会う仕事です。やりがいが大きい一方でプレッシャーも多く体力も必要です。
では、より詳しく仕事内容をみたとき2種類存在していることがわかります。
ひとつは正看と呼ばれる正看護師、もうひとつは准看と呼ばれる准看護師です。

正看護師と准看護師

法律により両者は明確に分かれていますが、患者の立場からすると違いが分かりにくいのが現実です。
では、どこに違いがあるのかというと、正看は厚生労働省が認定する国家資格であり、准看は都道府県知事が認める免許だということです。

資格の違いが給与の違い

正看のほうが資格取得の難易度が高いですし、自分の判断で業務を行うことが出来ます。対して准看は教育課程が正看よりも短いので早く現場に立てますが、給与水準が正看よりも低くなります。平均給与を比較してみると、同じ年代の准看と正看では、多ければ100万円近い差が出ることもあります。

正看護師はキャリアアップの対象

ただ、このように正看と准看の待遇が異なるものの、実際に現場でやることは同じです。それゆえに、同じ仕事をするなら給与を多くもらいたいと、キャリアアップで准看から正看を目指す人は少なくないのです。
では、准看から正看になることは出来るのかというと、看護専門学校や通信教育で一定期間学ぶと国家資格の受験資格を得ることが出来ます。そして国家資格を取得すれば無事正看になれます。
そうすれば、正看としてこれまでよりも良い待遇の職場を探すために転職活動が可能です。ですが、これまで准看としてキャリアを重ねていても、正看になったらまた新人扱いとなることが多いのです。もちろん、准看としてのキャリアを加えてくれる医療機関もあります。しかし、准看のキャリアが認められたとして、なおかつ正看になっても准看時代と仕事内容に違いがなかったとしても、小さな違いを学ぶために新人研修を受けるのが後々のためになります。